新着情報一覧

新着情報一覧

八女茶PRの新シンボルへ2015.03.05

茶の苗木を定植する部会員ら。左奥が筑後船小屋駅
茶の苗木を定植する部会員ら。左奥が筑後船小屋駅

 「福岡の八女茶」を県内外の多くの人にPRしようと2月25日、福岡県が管理する福岡県営筑後広域公園内で茶の苗木の定植作業がありました。

 茶畑の面積は約1.5ha。JR九州新幹線筑後船小屋駅の南東に位置しており、公園内はもちろん、駅からも広大な茶畑を眺めることができます。地元茶生産者をはじめとする関係者らは「福岡の八女茶」PRの新しいシンボルとして期待しています。

 定植作業には、JA茶業部会員をはじめ、県、JAなどの関係機関職員ら約100人が参加。1日ががりで「やぶきた」、「さえみどり」、「おくみどり」の3品種、約3万6000本の苗木を定植しました。4~5年後には鮮やかな緑色に輝く茶畑を楽しむことができます。

 作業を行った関係者は「日頃飲むお茶の生育過程なども見てもらいながら、八女茶をより身近に感じてほしいと思う。八女茶の普及、消費拡大に期待したい」と話していました。

  • おすすめレシピ
  • 家庭菜園
  • netアグリ市況
  • 新規就農者募集
  • 今こそ農業塾!
  • 八女から旬をお届けします「よらん野Web」
  • 採用情報
  • JAグループ 耕そう、大地と地域のみらい。
  • 農業情報システムログイン
  • JAネットバンク
  • 法人JAネットバンク
  • ローン審査申込受付サービス
  • 全農食品オンラインショップ
  • もしもの時の緊急時ガイド
みんなのよい食プロジェクト