新着情報一覧

新着情報一覧

JAパッケージセンターハイジ福祉会が丸紅基金より助成金2018.11.21

丸紅基金より助成金を受け取るハイジ福祉会:山口理事長㊨
丸紅基金より助成金を受け取るハイジ福祉会:山口理事長㊨

 JA花き部会の「八女FPCガーベラ(フラワーパッケージセンター)」が一部業務を委託しているハイジ福祉会(理事長:山口由紀子)は、11月20日、社会福祉法人丸紅基金(理事長:國分文也)から農作業用軽自動車の購入助成金125万円を受け取りました。

 ハイジ福祉会は、ハンディキャップのある方たちに就労や社会活動に対する支援と働く場を提供しています。同会のフラワーパッケージセンターではJA花き部会が作業委託したガーベラやシンテッポウユリなどのパッケージ作業を実施。現在、年間約160万本の花きを出荷しています。

 なお、昨年度からハイジ福祉会は社会福祉法人でJA組合員となり農地・ハウスを購入し、会員と共にガーベラやトマトの栽培を行いJAへの出荷も行っています。

 丸紅基金は、毎年、全国の福祉施設が必要とする設備、機器、車両、建屋などの資金援助として総額1億円の助成を行っており、今年で44回目となりました。

 ハイジ福祉会の職員は「JAふくおか八女とタッグを組み、地域社会の発展に取り組んでいる。今回、助成金をいただき、購入した農作業用軽自動車を活用し、来年度は年間200万本以上の出荷を目指したい」と力強く話していました。

  • おすすめレシピ
  • 家庭菜園
  • netアグリ市況
  • 新規就農者募集
  • 今こそ農業塾!
  • 八女から旬をお届けします「よらん野Web」
  • 採用情報
  • JAグループ 耕そう、大地と地域のみらい。
  • 農業情報システムログイン
  • JAネットバンク
  • 法人JAネットバンク
  • ローン審査申込受付サービス
  • 全農食品オンラインショップ
  • もしもの時の緊急時ガイド
みんなのよい食プロジェクト