新着情報一覧

新着情報一覧

矢部まつりで手作りコンニャクを実演販売2018.11.19

大鍋に入れられ湯がかれる手作りコンニャク
大鍋に入れられ湯がかれる手作りコンニャク

 JA矢部加工場は、11月17日と18日に開かれた矢部まつりで、八女産の手作りコンニャクを実演販売しました。丸形のコンニャクを1玉250円で販売。2日間で予定していた600玉を完売し、好評でした。

 手作りコンニャクは精粉などを混ぜず、生イモだけを使ったもの。手作りで作ることによって、コンニャクに穴ができ、味も染み込みやすくなります。

 生イモは、11月から収穫が始まり、集荷場に持ち込まれたもののほとんどが、コンニャク用としてJA矢部加工場に運ばれます。

 実演販売では、加工場職員が生イモをミキサーにかけ、丁寧に練った後、大鍋に入れて約50分間湯がきました。

 設置した2つの大鍋には、一度に約60玉のコンニャクが入れられました。実演販売ブースの周りには、長蛇の列ができるほどの人気で、購入希望者は、大鍋から湯気が漂うと、コンニャクの香ばしい香りを楽しんでいました。

 購入者は「手作りコンニャクは毎年楽しみにしている。家が矢部村から少し遠いが買いに来た」と笑顔で話していました。

 JA担当職員は「今年は例年よりも来場者が多く盛況だ。安全安心で新鮮な生イモの食感を味わってほしい」と話していました。

  • おすすめレシピ
  • 家庭菜園
  • netアグリ市況
  • 新規就農者募集
  • 今こそ農業塾!
  • 八女から旬をお届けします「よらん野Web」
  • 採用情報
  • JAグループ 耕そう、大地と地域のみらい。
  • 農業情報システムログイン
  • JAネットバンク
  • 法人JAネットバンク
  • ローン審査申込受付サービス
  • 全農食品オンラインショップ
  • もしもの時の緊急時ガイド
みんなのよい食プロジェクト