新着情報一覧

新着情報一覧

中島内蔵助翁の功績を後世へ2018.10.19

紙芝居「左結びの緒の草履」を上演する児童
紙芝居「左結びの緒の草履」を上演する児童
奉納相撲で白熱した取組を見せる児童
奉納相撲で白熱した取組を見せる児童

 中島内蔵助翁顕彰会(木下貞雄会長)が10月17日、八女市吉田にある中島内蔵助翁墓前で「中島内蔵助翁墓前感謝祭」を開き、土地改良・干拓水利に励み農家の福利増進に努めた吉田村(現八女市吉田)の中島内蔵助翁の功績をたたえしのぶとともに、後世に守り伝えようと祈念しました。

 感謝祭には、顕彰会や翁の遺族をはじめ、行政や地元関係者、地元小学生など、約200人が参列し遺徳をしのびました。

 庄屋だった翁は河川の洪水のたびに市内にある山ノ井堰の決壊で田畑に被害が発生していたため、1652年に自ら人柱に立ち、水神の加護を祈りながら入水。以後、決壊することはなくなったといいます。翁の墓は、遺言により地元の田畑が一望できる高台に建てられています。

 神事後、同市の長峰小学校4年生児童らが、翁の生涯、功績を描いた物語「左結びの緒の草履」の紙芝居を披露し、6年生は墓前にある土俵で奉納相撲を行いました。

 木下会長はあいさつで「今年も無事に稲作の実りの時期を迎えている。これもひとえに中島内蔵助翁の勇気ある決断によるものと思っている。今後も顕彰会は中島内蔵助翁の鎮魂を胸に、遺徳を末永く伝えていきたい」と話していました。

  • おすすめレシピ
  • 家庭菜園
  • netアグリ市況
  • 新規就農者募集
  • 今こそ農業塾!
  • 八女から旬をお届けします「よらん野Web」
  • 採用情報
  • JAグループ 耕そう、大地と地域のみらい。
  • 農業情報システムログイン
  • JAネットバンク
  • 法人JAネットバンク
  • ローン審査申込受付サービス
  • 全農食品オンラインショップ
  • もしもの時の緊急時ガイド
みんなのよい食プロジェクト