新着情報一覧

新着情報一覧

甘みさっぱりで食味良好!キウイフルーツ「甘うぃ」集荷始まる2018.10.15

「甘うぃ」を集荷場に持ち込む原さん
「甘うぃ」を集荷場に持ち込む原さん

 JAキウイフルーツ部会で、キウイフルーツ「甘うぃ」の集荷が順調です。

 福岡県が新開発し、平成28年3月に品種登録されたキウイフルーツ「甘うぃ」。大玉で糖度16~17前後のさっぱりした甘さと食味の良さが魅力です。部会の主力品種「ヘイワード」と授粉や収穫作業が重ならないため、部会としては新規導入により生産量向上を図りたい考えです。八女市立花町の光友低温貯蔵庫では、15日から17日まで集荷作業が行われます。

 JAは、JA全農ふくれんから委託を受け、県内で唯一キウイフルーツ専用の糖度センサーを備えたJA立花中央選果場で、県内の産地から集まった「甘うぃ」を選果します。倉庫内の温度調節やエチレン処理による追熟処理を経て東京・大阪・福岡の市場へ約80tの出荷を見込みます。11月上旬頃から店頭で販売される予定です。

 広川町で約35aで「甘うぃ」を生産する原裕樹さんは、この日集荷場に1・5tを持ち込みました。原さんは今年産の出来について「天候に恵まれたおかげで、例年よりも大玉で着果も十分。高品質に仕上がっている」と自信をのぞかせています。

 JA園芸指導課の担当職員は「『甘うぃ』は他のキウイフルーツと比べて酸味が少なく食べやすい。追熟庫でしっかり追熟した『食べ頃』の甘うぃを味わって欲しい」と話していました。

 同品種の出荷後は、部会の主力品種「ヘイワード」「博多甘熟娘(はかたうれっこ)」と続き、3月下旬までの販売を予定しています。

  • おすすめレシピ
  • 家庭菜園
  • netアグリ市況
  • 新規就農者募集
  • 今こそ農業塾!
  • 八女から旬をお届けします「よらん野Web」
  • 採用情報
  • JAグループ 耕そう、大地と地域のみらい。
  • 農業情報システムログイン
  • JAネットバンク
  • 法人JAネットバンク
  • ローン審査申込受付サービス
  • 全農食品オンラインショップ
  • もしもの時の緊急時ガイド
みんなのよい食プロジェクト