新着情報一覧

新着情報一覧

ガーベラの栽培技術の向上へ現地互評会開く2018.10.04

生産者のハウス内で生育状況を確認した現地互評会
生産者のハウス内で生育状況を確認した現地互評会

 西日本一のガーベラ生産量を誇るJA花き部会広川ガーベラ部は10月3日、広川町でガーベラ現地互評会を開きました。秋のブライダルシーズンやクリスマスなど需要が高まる秋冬季に向けて、部員の栽培技術を向上し高品質なガーベラを安定出荷することが目的です。部員やJA職員など10人が参加しました。

 互評会では、部員全員のハウスを巡回し、生育状況を確認しました。八女普及指導センター職員が、ハウス内の土壌のPH(水素イオン濃度)やEC(肥料濃度)について報告。各参加者に、生育に適したハウス内の温度やかん水の量について指導しました。また、参加者からは病害虫の防除の方法や、施肥の量などについての質問があり、互いに意見を交換しました。

 同部は、約130品種のガーベラを現在8人で2・4㏊作付け。消費者の需要の変化に応じ、毎年新品種を約20種類ほど取り入れています。

 今年産は好天に恵まれ順調に生育。今年5月以降に新しく植えたものが現在開花期を迎えており、9月から出荷が始まっている。平均気温が20度近くになる10月中旬頃から出荷が本格化し、関東・関西・中国・九州の市場へ年間で約530万本の出荷を見込みます。

 同部では、現地互評会の他にも、出荷開始や、季節の需要期に合わせて、熊添裕史部長の呼びかけのもと、目合わせ会や栽培講習会を実施し、部員の栽培技術の向上に努めています。

 JA担当職員は「個々の生産者の栽培方法を知り、参考にしてもらいながら、品質の高位平準を図り有利販売に繋げていきたい」と話していました。

  • おすすめレシピ
  • 家庭菜園
  • netアグリ市況
  • 新規就農者募集
  • 今こそ農業塾!
  • 八女から旬をお届けします「よらん野Web」
  • 採用情報
  • JAグループ 耕そう、大地と地域のみらい。
  • 農業情報システムログイン
  • JAネットバンク
  • 法人JAネットバンク
  • ローン審査申込受付サービス
  • 全農食品オンラインショップ
  • もしもの時の緊急時ガイド
みんなのよい食プロジェクト