新着情報一覧

新着情報一覧

ようこそ八女へ!JAがプチ移住体験受け入れ2018.09.13

定植を控えた育苗ハウスで「イチゴはとても好きです。定植が楽しみですね」と笑顔の進藤さん
定植を控えた育苗ハウスで「イチゴはとても好きです。定植が楽しみですね」と笑顔の進藤さん

 JAは、福岡県内への移住を希望する人の農業体験を受け入れています。移住希望者の進藤千聖さん(28)は、福岡県が運営する「ふくおかよかとこ移住相談センター」から紹介を受け、八女市のプチ移住体験事業を活用。同市に約2週間滞在しながら、農業など市の基幹産業を体験します。

 進藤さんは9月12日から3日間、JA就農支援センターでの農作業を体験します。現在同センターでは、15日から始まるイチゴの定植に向けて準備が進んでおり、この日、進藤さんは同センター4期生4人と一緒にビニールハウスの展張作業などに汗を流しました。

 進藤さんは、秋田県出身で現在は東京都在住。美容業界に勤務しています。いつかは田舎に移住したいという思いを持ち、実家が米農家で農業に興味があったことや、趣味のアウトドアを存分に楽しめるということもあり、体験先に福岡県を選びました。

 進藤さんは八女市の印象について「のどかで地元の秋田に似ている。人がとても温かくて良いですね」と話します。

 同センターでの体験後は、JA管内のミニトマト農家で学ぶ予定。県内の他地区での移住体験も予定しているそうです。

 進藤さんは「いつかは移住して、近所付き合いなど身近な人たちとの関係性を大事にしていきたい」と笑顔で話していました。

  • おすすめレシピ
  • 家庭菜園
  • netアグリ市況
  • 新規就農者募集
  • 今こそ農業塾!
  • 八女から旬をお届けします「よらん野Web」
  • 採用情報
  • JAグループ 耕そう、大地と地域のみらい。
  • 農業情報システムログイン
  • JAネットバンク
  • 法人JAネットバンク
  • ローン審査申込受付サービス
  • 映画「野球部員、演劇の舞台に立つ!~甲子園まで642キロ~」
  • もしもの時の緊急時ガイド
みんなのよい食プロジェクト