新着情報一覧

新着情報一覧

花と暮らすプレミアムな週末を2018.09.04

ガーベラを使ったフラワーアレンジメントを楽しむ参加者
ガーベラを使ったフラワーアレンジメントを楽しむ参加者

 西日本一のガーベラ生産量を誇るJA花き部会ガーベラ部は、8月31日に福岡市の福岡三越で開かれたイベント「プレミアムウィークエンドフラワー」で、JA産のガーベラを使ったトークショーやワークショップを開きました。

 イベントは「花と暮らすプレミアムな週末」をテーマに県内で生産されている花に親しんでもらい生活に生かしてもらおうと、福岡県や県花卉農業協同組合で構成する「花あふれるふくおか推進協議会」が、毎月企画・運営しています。

 デパート地下2階の食品売り場催事場で開かれたイベントでは、買い物途中の女性や外国人観光客など多くの来店者が足を止めて美しい花を鑑賞しました。ワークショップは予約で満席になるなど人気でした。

 2回に分けて開かれたトークショーでは、熊添裕史部長(広川ガーベラ部)と川野暁司部長(FPCガーベラ部)がそれぞれガーベラの品種や自宅での管理方法などについて説明。その後参加者は、フラワーショップ「日比谷花壇」店員の指導の下、ガーベラを使ったお洒落なフラワーアレンジメント作りを楽しみました。

 また、隣接会場で開かれていた「秋のパンまつり」と連動して、1080円以上購入した先着100人の消費者にJA産のガーベラをプレゼントしました。

 さらに、三越店内の同フラワーショップでガーベラが無料で手に入るチラシも配布し、好評でした。

 参加者は「ガーベラはいろんな色があるので、好みで組み合わせて部屋に飾りたい」と笑顔で話していました。

  • おすすめレシピ
  • 家庭菜園
  • netアグリ市況
  • 新規就農者募集
  • 今こそ農業塾!
  • 八女から旬をお届けします「よらん野Web」
  • 採用情報
  • JAグループ 耕そう、大地と地域のみらい。
  • 農業情報システムログイン
  • JAネットバンク
  • 法人JAネットバンク
  • ローン審査申込受付サービス
  • 全農食品オンラインショップ
  • もしもの時の緊急時ガイド
みんなのよい食プロジェクト