新着情報一覧

新着情報一覧

利用者が夏休み楽しむ デイサービスセンター「茶と花の里」2018.08.25

手作りのみこしを担いで入場する利用者
手作りのみこしを担いで入場する利用者
民謡を披露する八女市観光大使の馬場さん
民謡を披露する八女市観光大使の馬場さん

 夏の盛りを迎え、JAデイサービスセンター「茶と花の里」は8月23日と24日の2日間、毎年恒例となっている、茶と花の里夏祭りを開きました。約90人の利用者やその家族らが手作り感たっぷりの祭りイベントを楽しみました。

 祭り会場には、お好み焼きやわたあめに、フライドポテト、かき氷やヨーヨー釣りなど計6つのコーナーを設置。また、赤と白のちょうちんをさげ縁日の雰囲気を演出しました。

 祭り初めに、利用者数人がJA職員手作りのみこしを担いで巡回すると、歓声が広がり会場は大盛り上がり。その後利用者らは、ヨーヨー釣りなど無理なく体を動かしながら楽しみ、利用者同士や家族と歓談しながら、職員がその場で調理した料理や飲み物を味わいました。

 また、23日には八女市のボランティア演芸「八ん茶連」が踊り、24日には八女市の観光大使を務める馬場美雅さんが三味線を弾きながら民謡を披露。利用者は手拍子を叩くなどして楽しみました。利用者は「にぎやかで楽しくて昔を思い出した。良い思い出になった」と笑顔で振り返りました。

「長寿節」に手拍子を打ちながら鑑賞する利用者
「長寿節」に手拍子を打ちながら鑑賞する利用者
  • おすすめレシピ
  • 家庭菜園
  • netアグリ市況
  • 新規就農者募集
  • 今こそ農業塾!
  • 八女から旬をお届けします「よらん野Web」
  • 採用情報
  • JAグループ 耕そう、大地と地域のみらい。
  • 農業情報システムログイン
  • JAネットバンク
  • 法人JAネットバンク
  • ローン審査申込受付サービス
  • 全農食品オンラインショップ
  • もしもの時の緊急時ガイド
みんなのよい食プロジェクト