新着情報一覧

新着情報一覧

昔ながらの濃厚な味 ブドウ「キャンベル」出荷最盛2018.07.30

出荷される濃厚な紫黒色のブドウ「キャンベル」。
出荷される濃厚な紫黒色のブドウ「キャンベル」。

 県内系統販売シェアの約6割を誇るJAぶどう部会で、7月16日から始まった、昔ながらの味が魅力の黒ブドウ「キャンベル」の出荷が最盛期を迎えています。

 キャンベルの正式名称は「キャンベル・アーリー」。1粒の重さが5ℊ程で、糖度15前後の甘酸っぱく濃厚な味と独特の香りが特徴。果汁が多く含まれ病気にも強いです。かつて国内市場で人気がありましたが、新品種が増えたことで生産量は年々減少しています。しかしジュース用として依然需要も高く、ブドウ本来の味も楽しめることから根強い人気を誇っています。

 平成30年産は、降雨が少なく生産者のこまめな栽培管理もあって、着色も充分。濃い紫黒色の張りのある高品質なブドウに仕上がっています。

 同部会の江崎浩部会長によると、近年はシャインマスカットの需要が高まる裏で、いわゆる「黒ブドウ」が品薄になり人気が持ち直しているそうです。販売単価も10年前と比べると1箱(2㎏)200円程度高いです。JA同部会では、主力品種の「種無し巨峰」や「博多ピオーネ」の人気に乗り、「キャンベル」の安定出荷で生産者の所得増大を図ります。

 県下最大のブドウ産地を誇る同部会では、今年産は113aで「キャンベル」を栽培。27日には、JA筑後選果場に生産者3人が418㎏を持ち込みました。8月上旬まで、計18tを福岡と広島の市場に出荷します。

 JA担当職員は「キャンベルは、ブドウ本来の酸味が味わえる濃厚な黒ブドウだ。ジュースはもちろん、生食でも味わってほしい」と話していました。

  • おすすめレシピ
  • 家庭菜園
  • netアグリ市況
  • 新規就農者募集
  • 今こそ農業塾!
  • 八女から旬をお届けします「よらん野Web」
  • 採用情報
  • JAグループ 耕そう、大地と地域のみらい。
  • 農業情報システムログイン
  • JAネットバンク
  • 法人JAネットバンク
  • ローン審査申込受付サービス
  • 全農食品オンラインショップ
  • もしもの時の緊急時ガイド
みんなのよい食プロジェクト