新着情報一覧

新着情報一覧

田植え体験で消費者と交流2018.06.18

手植えを楽しむ参加者
手植えを楽しむ参加者

 JA青年部筑後地区と筑後市農業後継者対策協議会は6月17日、安全・安心・おいしいお米を消費者と栽培し、農業の必要性や大切さを理解してもらおうと、Fコープ会員の親子約40人を招き、消費者交流会「田植え体験」を開きました。

 筑後市の實本太さんの水田で開かれた田植え体験では、JA職員から作業の説明を聞いた後、参加者は横一列に並び、植えるポイントに赤い印がついた紐を確認しながら苗3~5本を等間隔に丁寧に手植えしました。大人も子どもも泥んこになりながら約30分間の田植え体験に汗を流しました。その後、子どもたちは實本さんが操作する乗用田植機に一緒に乗り、機械による田植えも体験しました。

 田植え体験の後、参加者はJA筑後地区センターに移動し、筑後市の農業紹介、「お米ができるまで」と題した学習会で分かりやすく農業について学びました。また、昼食交流会では、青年部員らとカレーを一緒に食べ、種なし巨峰や青年部が製作しているアイスキャンデー「ちくご愛す」の試食で交流を深めました。

 JA青年部同地区の井上重盛部長は「みんな田植えをするのは初めてで、貴重な体験だと思う。生産者と消費者という立場の違いを超えて農業を楽しもう」と参加者に呼びかけていました。

 参加した児童は「毎日食べているお米を作るのがこんなに大変なんだと初めて知った」「一生懸命植えたので秋の収穫も楽しみ」と感想を語っていました。

  • おすすめレシピ
  • 家庭菜園
  • netアグリ市況
  • 新規就農者募集
  • 今こそ農業塾!
  • 八女から旬をお届けします「よらん野Web」
  • 採用情報
  • JAグループ 耕そう、大地と地域のみらい。
  • 農業情報システムログイン
  • JAネットバンク
  • 法人JAネットバンク
  • ローン審査申込受付サービス
  • 全農食品オンラインショップ
  • もしもの時の緊急時ガイド
みんなのよい食プロジェクト