新着情報一覧

新着情報一覧

アスパラガス新規栽培する組合員を支援2018.05.22

田中さん㊥にアスパラガス栽培について質問する参加者
田中さん㊥にアスパラガス栽培について質問する参加者

 JAふくおか八女は5月18日、管内のアスパラガス栽培を振興しようと「アスパラガス栽培説明会」を開きました。アスパラガス栽培に興味を持つ組合員等8人が参加し、栽培方法、出荷方法、収益性、補助事業の活用方法などについて学んだ後、管内のアスパラガス生産者のほ場を視察しました。

 現在、JAアスパラガス研究会(入江司会長)は、43人で4.9ha、年間78tを出荷しています。

 福岡県でもアスパラガスは新規就農者の増加とともに生産量が増加している品目です。アスパラガスは比較的軽労働力で生産できるため、高齢者や女性が多いのも特徴。また1度定植すると10年以上収穫が可能となることも新規導入しやすいメリットの1つだ。

 収益面では、ハウス栽培10a当り、収量2,500kg、単価1,050円/kg、粗収入262万5千円、所得110万2千円、所得率42%と収益性は高くなっています。

 アスパラガス生産者の田中久美子さんの筑後市のほ場で行われた現地視察では、参加者から収穫の流れや収益面、実労働時間などの質問が上がり、田中さんが答えるとメモを取ったり、実際のアスパラガスの栽培環境を確認したりしました。

 アスパラガスは新規作物として取り組みやすいため、現在、JAではアスパラガスの規模拡大や新規導入支援に力を入れています。

 JA担当職員は「JAではアスパラガスを振興重点品目として位置づけJAが平成29年度から取り組んでいる『農業生産基盤強化支援事業』の活用を促し、収益性の高いアスパラガス栽培を導入される生産者を強力にバックアップしていきたい」と話していました。

  • おすすめレシピ
  • 家庭菜園
  • netアグリ市況
  • 新規就農者募集
  • 今こそ農業塾!
  • 八女から旬をお届けします「よらん野Web」
  • 採用情報
  • JAグループ 耕そう、大地と地域のみらい。
  • 農業情報システムログイン
  • JAネットバンク
  • 法人JAネットバンク
  • ローン審査申込受付サービス
  • 全農食品オンラインショップ
  • もしもの時の緊急時ガイド
みんなのよい食プロジェクト