新着情報一覧

新着情報一覧

夏秋ナス販売数量330t目指す2018.05.11

生産概況や販売数量について意見を交換した取引会議
生産概況や販売数量について意見を交換した取引会議

 5月の出荷最盛期を間近に控え、JAなす部会は5月8日、八女市で「平成30年産夏秋ナス取引会議」を開きました。今年産の生産概況や販売計画について意見を交換。販売数量330t、販売高1億1千5百万円を目指し、生産者・市場関係者が一体となって、高品質な夏秋ナスの生産・販売に努めることを確認しました。

 部会員や取引先市場、JA担当職員ら約40人が出席しました。

 今年産は、4月の定植後に好天が続き、平均気温が高めに推移したため活着も良く生育は順調。4月27日に初出荷を迎えました。

 会議では、生産計画の重点事項として、栽培記帳の徹底と生産工程管理(GAP)の記帳記録などのよる安全安心なナス作りの推進や、単為結果性新品種「PC筑陽」の栽培管理技術の確立などについて話し合いました。

 また、販売方針として、生産者の収入を安定させ、健全な農家経営と生産基盤維持につなげるため、生産者の選果選別の徹底や試食宣伝会による販売支援など、重点項目を確認しました。

 さらに、市場関係者から、今年産の市場別販売戦略や産地に対する要望なども出され、活発に意見が交換されました。

  • おすすめレシピ
  • 家庭菜園
  • netアグリ市況
  • 新規就農者募集
  • 今こそ農業塾!
  • 八女から旬をお届けします「よらん野Web」
  • 採用情報
  • JAグループ 耕そう、大地と地域のみらい。
  • 農業情報システムログイン
  • JAネットバンク
  • 法人JAネットバンク
  • ローン審査申込受付サービス
  • 映画「野球部員、演劇の舞台に立つ!~甲子園まで642キロ~」
  • もしもの時の緊急時ガイド
みんなのよい食プロジェクト