新着情報一覧

新着情報一覧

さらなるJA自己改革を進めようと勉強会開く2018.05.02

JA自己改革の実践状況と課題を検討した学習会
JA自己改革の実践状況と課題を検討した学習会

 JAは5月1日、JA本店で「全体管理職会議」を開き、久保薫組合長をはじめ、各事業所長ら約100人が参加しました。その中で、JAが取り組んでいる自己改革の実践状況と課題を再確認しさらなる改革を進めていこうと学習会を開きました。

 日本農業新聞九州支所の山本史郎支所長を講師に招き、「大転換期の農業・農協~自己改革『待ったなし』」と題して行われた講演では、JA自己改革を行う上で何が重要なのかを学びました。

 山本支所長は「JAは農家目線での自己改革の実践を行っている。しかし、アンケートによると8~9割のJAが「自己改革をやっている」と答えたのに対し、そう評価する組合員は3割にとどまっている。組合員に認知されなければ、自己改革を実践していたとしても『何もやっていない』と同じことだ。最も重要なことは実践した取り組みを組合員にしっかり発信していくことだ」と話していました。

 久保組合長は「今、われわれJAが取り組んでいる自己改革の成果を組合員の皆さまに評価していただき、JAはなくてはならない組織だと認識してもらえるようさらなる改革を進めていく」と力強く話しました。

  • おすすめレシピ
  • 家庭菜園
  • netアグリ市況
  • 新規就農者募集
  • 今こそ農業塾!
  • 八女から旬をお届けします「よらん野Web」
  • 採用情報
  • JAグループ 耕そう、大地と地域のみらい。
  • 農業情報システムログイン
  • JAネットバンク
  • 法人JAネットバンク
  • ローン審査申込受付サービス
  • 全農食品オンラインショップ
  • もしもの時の緊急時ガイド
みんなのよい食プロジェクト