新着情報一覧

新着情報一覧

花に感謝しフラワーアレンジメントを役所に寄付2018.04.19

広川町役場に展示された色とりどりの花
広川町役場に展示された色とりどりの花

 1年間生活を支えてくれた花に感謝し、花の霊を慰めようと、4月18日、福岡市の福岡花市場で「平成30年花の慰霊祭」が開かれました。JA花き生産部会から、JA管内の市役所・町役場に式典で供養された花が寄付されました。

 福岡県花商協同組合主催による「花の慰霊祭」には、県内の行政・花商・生産者・市場関係者などが出席。JAからは、関係者4人が出席し、古賀貴美夫会長が代表して玉串を奉納しました。

 式典では、洋ランや電照菊、スプレーマムやガーベラなどJA管内で生産される色とりどりの花約300本が祭壇の前に置かれ供養されました。式典後出席者に配られた花は、その日のうちにJA同部会から八女・筑後市役所・広川町役場に寄付され、現在1階の入り口付近に展示されています。

 西日本一のガーベラ生産量を誇る広川町の役場を訪れた来訪者の1人は「そういえば今日は『良い花の日』(4月18日)だね」と話しながら、飾られた花の鑑賞を楽しんでいました。

 JA電照菊部会、花き部会、プリンセスマム部会、洋ラン部会の4部会で構成される同部会連絡協議会。古賀会長は「花のおかげで1年間生活できたことに感謝する。今後も見る人の心を和ませるような、美しく高品質な花を生産していきたい」と話していました。

  • おすすめレシピ
  • 家庭菜園
  • netアグリ市況
  • 新規就農者募集
  • 今こそ農業塾!
  • 八女から旬をお届けします「よらん野Web」
  • 採用情報
  • JAグループ 耕そう、大地と地域のみらい。
  • 農業情報システムログイン
  • JAネットバンク
  • 法人JAネットバンク
  • ローン審査申込受付サービス
  • 全農食品オンラインショップ
  • もしもの時の緊急時ガイド
みんなのよい食プロジェクト