新着情報一覧

新着情報一覧

パパママお茶どうぞ 園児が保護者にお茶の淹れ方を披露2018.03.09

自分で淹れたお茶を保護者に手渡す児童
自分で淹れたお茶を保護者に手渡す児童

 八女市の社会福祉法人隆栄会上妻保育園の年長園児が3月8日、月1回のお茶の淹れ方教室で1年間学んだ成果を披露しようと、保護者を招待し心を込めて淹れたお茶を振る舞いました。

 6年前から取り組んでいる淹れ方教室は、子どもたちに急須で淹れる本当のお茶のおいしい味、さらにお茶を淹れることで相手を思いやる優しい心を育もうと、年間12回開いています。茶を生産する黒木町茶業青年部(古澤貴俊部長)を中心に日本茶インストラクターの松本美紀子さんや普段は福岡市内で日本茶インストラクターとして活躍されている竹中昌子さん、黒木町で茶を生産する井手研治さんらが指導しました。

 園児は保護者が見守る中、1年間学んだおいしいお茶の淹れ方を披露し、笑顔で保護者に手渡しました。

 保護者は、淹れたてのお茶を口にすると「甘みがあっておいしい」「どうもありがとう」「家でも淹れてね」などと子どもたちに声を掛けていました。

 淹れ方教室の最後には、JA茶業部会から園児1人1人に急須をプレゼントしました。

 古澤部長は「日本一のお茶ブランド八女茶の生産者として園児たちに、おいしいお茶の淹れ方を一年間しっかり教えてきた。今後、家庭でも実践して、急須で淹れるお茶のおいしさを家族で味わってほしい」と話していました。

  • おすすめレシピ
  • 家庭菜園
  • netアグリ市況
  • 新規就農者募集
  • 今こそ農業塾!
  • 八女から旬をお届けします「よらん野Web」
  • 採用情報
  • JAグループ 耕そう、大地と地域のみらい。
  • 農業情報システムログイン
  • JAネットバンク
  • 法人JAネットバンク
  • ローン審査申込受付サービス
  • 全農食品オンラインショップ
  • もしもの時の緊急時ガイド
みんなのよい食プロジェクト