新着情報一覧

新着情報一覧

茶業共進会で褒賞授与式2018.01.24

優勝カップや優勝旗などを受け取った受賞者ら
優勝カップや優勝旗などを受け取った受賞者ら

 福岡県茶生産組合連合会・全国農業協同組合連合会福岡県本部・八女市は、1月23日に「第50回(平成29年度)福岡県茶業共進会褒賞授与式および福岡県茶生産者大会」を八女市で開き、各部門の最優秀賞および特別賞受賞者を表彰しました。

 最優秀賞の中から選ばれる特別賞の最高位・農林水産大臣賞には、茶共進会の煎茶の部で八女市上陽町の樋口龍也さん、玉露の部で八女市黒木町の「新枝折共同製茶」城昌史さん、茶園共進会の煎茶園の部で筑後市の「カネ永製茶」永松宏章さんが輝きました。

 共進会は「福岡の八女茶」の品質や茶園の管理状況を競って生産技術を向上させ、日本一うまいお茶づくりを目指そうと開くもので、29年度はJA管内を中心に県内茶産地から煎茶142点、玉露107点、煎茶園37点、玉露園16点、幼木園8点が出品されました。

 29年産は、夏場の少雨の影響で二番茶芽や三番茶芽の伸育が遅れ、秋芽に病害の発生が見受けられる茶園もありましたが、煎茶・玉露ともに総じて形状・色沢・香りに優れ、高品質な八女茶に仕上がりました。

 受賞者代表謝辞で、永松さんは「栄えある農林水産大臣賞を受賞でき、喜びをかみしめている。安心安全で高品質なお茶作りを心掛け、愛情込めてお茶を生産した結果だと思う。今後のさらなる八女茶ブランドの発展のためにも、情熱を持ってより良いお茶を生産していきたい」と話していました。

 久保薫JA組合長は、来賓あいさつで「急須で淹れる本当のお茶のおいしさを全国の消費者に伝えていきたい。八女茶ブランドの伝統を若い人に引き継ぐためにも、生産者が一致団結してお茶づくりに励んで欲しい」と力強く呼びかけていました。

  • おすすめレシピ
  • 家庭菜園
  • netアグリ市況
  • 新規就農者募集
  • 今こそ農業塾!
  • 八女から旬をお届けします「よらん野Web」
  • 採用情報
  • JAグループ 耕そう、大地と地域のみらい。
  • 農業情報システムログイン
  • JAネットバンク
  • 法人JAネットバンク
  • ローン審査申込受付サービス
  • 全農食品オンラインショップ
  • もしもの時の緊急時ガイド
みんなのよい食プロジェクト