新着情報一覧

新着情報一覧

レインボーレッド販売280t目指す2017.09.19

会議で、17年産レインボーレッドの販売展望について話し合う出席者
会議で、17年産レインボーレッドの販売展望について話し合う出席者

 JAは9月15日、立花地区センターで「平成29年産キウイフルーツ販売取引会議(レインボーレッドの部)」を開きました。

 販売対策を徹底し、販促体制を強化することで、福岡県産キウイフルーツの有利販売につなげることが狙いで、販売数量280tを目指します。

 市場関係者や部会員、JA役職員ら約30人が参加しました。

 平成29年産のレインボーレッドは、生育期の天候に恵まれ、着果・果実肥大ともに良好。しかし、広範囲に広がるキウイかいよう病の影響から、生産量が減少しており、レインボーレッドに代わる品種の探索が急務となっています。

 会議では、販売市場を集約し、効果的な販売促進活動を展開することや、追熟処理や出荷形態について話し合いました。

 また、会議前には、レインボーレッドやヘイワードの園地を視察し、生育状況を確認しました。

 販売は10月2日から始まり、下旬まで続く予定です。

  • おすすめレシピ
  • 家庭菜園
  • netアグリ市況
  • 新規就農者募集
  • 今こそ農業塾!
  • 八女から旬をお届けします「よらん野Web」
  • 採用情報
  • JAグループ 耕そう、大地と地域のみらい。
  • 農業情報システムログイン
  • JAネットバンク
  • 法人JAネットバンク
  • ローン審査申込受付サービス
  • 全農食品オンラインショップ
  • もしもの時の緊急時ガイド
みんなのよい食プロジェクト