新着情報一覧

新着情報一覧

夏野菜いよいよ出荷スタート~グリーンレイシ~2017.05.19

出荷を前に、グリーンレイシ「えらぶ」を手にする井手口さん
出荷を前に、グリーンレイシ「えらぶ」を手にする井手口さん

 JAふくおか八女レイシ研究会で5月19日、グリーンレイシ(品種=「えらぶ」)の出荷が始まりました。7月中旬に出荷最盛期を迎え、10月下旬までに続きます。九州や関西の市場へ130tの出荷量を見込みます。

 苦味が少なく、丸みを帯びた独特のボリューム感と濃い緑色が特長のグリーンレイシは夏野菜の定番として人気があります。2017年産は、生育期の天候に恵まれ、果実の肥大や形、色つきともに良好で高品質な仕上がりです。

 同研究会は現在49人。イチゴやキウイフルーツなどを栽培する農家が主となり、夏場の収入確保や年間を通したハウスの有効活用として、約5haを栽培しています。グリーンレイシは、もともと病気にかかりにくく、農薬散布等の労力が少ないため栽培しやすく、管理作業では生産者の負担も少なく済みます。今後は有利販売に向け、栽培講習会や規格統一を図る目合わせ会を開き、品質・収量確保に努めます。

 同研究会の井手口信市さん(69)は「短形ニガウリのグリーンレイシは苦味もなく、炒め物や漬物、佃煮にしてもおいしい。疲労回復にも効果があるので、是非食べてもらって暑い夏を乗り切ってほしい」と笑顔で話していました。

  • おすすめレシピ
  • 家庭菜園
  • netアグリ市況
  • 新規就農者募集
  • 今こそ農業塾!
  • 八女から旬をお届けします「よらん野Web」
  • 採用情報
  • JAグループ 耕そう、大地と地域のみらい。
  • 農業情報システムログイン
  • JAネットバンク
  • 法人JAネットバンク
  • ローン審査申込受付サービス
  • 全農食品オンラインショップ
  • もしもの時の緊急時ガイド
みんなのよい食プロジェクト