新着情報一覧

新着情報一覧

HAWKSベースボールパーク筑後の来場者に地元産農産物PR2017.03.22

紅白もちを来場者に手渡す生産者
紅白もちを来場者に手渡す生産者

 JAもち米研究会やJAが、筑後市のHAWKSベースボールパーク筑後で開かれた筑後七国観光フェスタで、農産物や加工品など地元特産品をPRしました。

 3月18日には、地元産もち米のPRし消費拡大を図ろうと、同研究会役員が紅白もち(品種=ひよくもち)1,100個を来場者へ無料配布。併せて、もちを使ったレシピを掲載したチラシも配り、もちのさまざまな食べ方を紹介しました。

 また、JAは18、19日の両日、地元産果実をふんだんに使った特製のフルーツパフェをはじめ、イチゴ「博多あまおう」やキウイフルーツ「博多完熟娘(うれっこ)」、八女茶などを販売しました。

 タマホームスタジアム筑後で17日からウエスタン・リーグが開幕したとあって、イベントには地域内外から多くの人が来場しました。

 井口幸彦研究会会長は「もち米は栄養価も高くパワーが出る。1日の食事にもっともちを取り入れてもらえるように、今後も積極的に地元産のもち米をPRしたい」と話していました。

  • おすすめレシピ
  • 家庭菜園
  • netアグリ市況
  • 新規就農者募集
  • 今こそ農業塾!
  • 八女から旬をお届けします「よらん野Web」
  • 採用情報
  • JAグループ 耕そう、大地と地域のみらい。
  • 農業情報システムログイン
  • JAネットバンク
  • 法人JAネットバンク
  • ローン審査申込受付サービス
  • 全農食品オンラインショップ
  • もしもの時の緊急時ガイド
みんなのよい食プロジェクト