新着情報一覧

新着情報一覧

「八女伝統本玉露」世界進出戦略発表2017.03.06

「八女伝統本玉露」の世界進出に意欲を見せる関係者ら
「八女伝統本玉露」の世界進出に意欲を見せる関係者ら

 八女市やJA茶業部会、茶商などで構成する八女伝統本玉露推進協議会が3月3日、「八女伝統本玉露」を世界のスーパーブランドにするための世界ブランド戦略を発表しました。

 平成31年までの3年間で、国内外の高級レストランでのメニュー採用10~20店舗を目指します。当分は世界の食文化の情報が集まる「ニューヨーク」を中心にPRを進めます。3月9日には、影響力のあるトップシェフや食のジャーナリスト、メディアなどを招待して試飲会(料理とのペアリング)を実施。並行して商談も進める計画です。ターゲットを「世界中の『本物』『本質』を求める人々」と定めました。

 同協議会は、高いクオリティを誇る「八女伝統本玉露」を世界に発信し、「福岡・八女」が世界最高レベルの品質を持つお茶の産地であることをアピール。消費拡大を図り、茶産業全体の衰退をくい止め、世界の日本茶マーケットを拡大したい考えです。

 発表会では、「八女伝統本玉露」の特殊な栽培方法のこだわりをはじめ、世界ブランド戦略の一つとして作成したロゴマークとグラフィックモチーフの発表、また、低温の湯で抽出し蓋付きの茶碗で飲む「しずく茶」のデモンストレーションなどが行われました。

 「八女伝統本玉露」は、国が産地と地域の関係性を保護する地理的表示保護制度「GI認証」を唯一受けたお茶です。全国茶品評会では平成25年を除き、平成13年からこれまで連続で農林水産大臣賞を受賞。産地賞は平成26年まで14年連続で受賞しています。さらに日本茶アワードでも日本茶大賞を受賞しており正に日本一と言えるお茶です。

 三田村統之八女市長は「先人のたゆまぬ努力で今日まで伝統本玉露を残していただき、また、現在も厳しい環境の中、生産に努力いただいている。世界の食文化は急速に変化している。生産者をはじめ、皆さまの支援をいただきながら『八女伝統本玉露』の世界戦略事業に努力したい」と話していました。

  • おすすめレシピ
  • 家庭菜園
  • netアグリ市況
  • 新規就農者募集
  • 今こそ農業塾!
  • 八女から旬をお届けします「よらん野Web」
  • 採用情報
  • JAグループ 耕そう、大地と地域のみらい。
  • 農業情報システムログイン
  • JAネットバンク
  • 法人JAネットバンク
  • ローン審査申込受付サービス
  • 全農食品オンラインショップ
  • もしもの時の緊急時ガイド
みんなのよい食プロジェクト