新着情報一覧

新着情報一覧

闘茶会開き茶の鑑定能力競う2015.01.28

真剣に茶を吟味する参加者
真剣に茶を吟味する参加者

 茶の鑑定能力をさらに向上させようと、JA茶業部会矢部支部が1月23日、八女市矢部村の矢部村中央公民館で「第37回矢部村闘茶大会」を開き、緑茶の種類を当てる闘茶を通して茶の鑑定能力を競い合いました。

 部会員やJA青年部、県・市・JA職員や地元関係者ら20人が参加しました。

 大会では、品質や販売価格が異なる玉露・煎茶の計5種類の製茶を使用。茶の特徴を出やすくするとともに、条件を統一するため湯の温度は100度、抽出時間は1分間としました。

 参加者らは、最初に拝見盆(はいけんぼん)と呼ばれる黒い盆に広げた茶葉を見て外観を確認。その後、白い小ぶりの茶碗に注がれた試飲茶の味、香り、色などを入念に吟味し品質を見極めました。

 JA担当職員は「矢部村の特産品である『福岡の八女茶』のさらなる品質向上に向け、今後も闘茶会を続けたい」と話していました。

  • おすすめレシピ
  • 家庭菜園
  • netアグリ市況
  • 新規就農者募集
  • 今こそ農業塾!
  • 八女から旬をお届けします「よらん野Web」
  • 採用情報
  • JAグループ 耕そう、大地と地域のみらい。
  • 農業情報システムログイン
  • JAネットバンク
  • 法人JAネットバンク
  • ローン審査申込受付サービス
  • 全農食品オンラインショップ
  • もしもの時の緊急時ガイド
みんなのよい食プロジェクト