新着情報一覧

新着情報一覧

後半の販売へ向け販売中間検討会開く2017.02.07

後半の販売へ向けた中間検討会
後半の販売へ向けた中間検討会

 キウイフルーツの前半(11月~1月)の出荷・販売を終え、JAふくおか八女キウイフルーツ部会は2月3日、八女市で「平成28年産キウイフルーツ販売中間検討会」を開きました。取引市場や部会役員、関係機関やJA職員ら30人が参加しました。

 検討会では、前半の生産概況や販売実績を報告した後、今後の販売方針などを協議しました。また、意見交換ではJA、各市場からさまざまな要望が上がりました。

 前半の販売状況について、年内の選果数量は480t(計画比96%)の実績となったが、1月からは注文が徐々に増え日量の選果量は約30tで計画通りの販売となっています。また、単価は昨年以上で推移しています。今年度産は4月までの販売を計画しており、商品別に「博多甘熟娘(はかたうれっこ)」を2,000t、甘香を800tの合計2,800tの販売を計画しています。

 JA担当職員は「販売は今後4月まで続くので、果実品質を落とさないよう、各市場との販売計画数量及び市況を重視し今後の販売数量、終了時期を協議し、計画的に有利な価格帯での販売に取り組みたい」と話しました。

  • おすすめレシピ
  • 家庭菜園
  • netアグリ市況
  • 新規就農者募集
  • 今こそ農業塾!
  • 八女から旬をお届けします「よらん野Web」
  • 採用情報
  • JAグループ 耕そう、大地と地域のみらい。
  • 農業情報システムログイン
  • JAネットバンク
  • 法人JAネットバンク
  • ローン審査申込受付サービス
  • 全農食品オンラインショップ
  • もしもの時の緊急時ガイド
みんなのよい食プロジェクト