新着情報一覧

新着情報一覧

季節限定「『生』キウイワイン」販売開始2016.11.18

醸造タンクからそのまま瓶詰めされる「生キウイワイン」
醸造タンクからそのまま瓶詰めされる「生キウイワイン」

 立花町の立花ワイン株式会社で11月18日から、大人気の冬季限定商品「生キウイワイン」の販売が始まりました。

 福岡県産のキウイフルーツ(品種=レインボーレッド)のみを使用し、果実本来のフレッシュさがそのまま残る「生キウイワイン」。特長はその香り高さです。

 同社で販売する通常のワインは、完全に発酵を止めるため瓶詰め時に熱処理を加えますが、「生キウイワイン」は熱処理を加えないため、果実そのものも風味が強く残っています。また、酵母が生きているため発酵によりできる微炭酸の刺激も楽しめます。

 透明感のある黄金色が美しい「生キウイワイン」は1本1620円(税込・720ml)で販売。アルコール度数は7%。ワイン工場に併設した直売所やホームページをはじめ、地元道の駅などで来年3月下旬までの販売予定です。

 同社の岩本雅邦営業主任は「問い合わせやリピーターも多い人気商品のため予定より早く完売することも。すっきりとフルーティーな味わいで、どなたにでもおすすめです。常温だと再び発酵が始まるので冷蔵庫で保管してほしい」と話していました。

 問い合わせは立花ワイン株式会社(八女市立花町兼松726)電話0943(37)1081、FAX0943(37)1610まで。定休日は火曜日。

 

  • おすすめレシピ
  • 家庭菜園
  • netアグリ市況
  • 新規就農者募集
  • 今こそ農業塾!
  • 八女から旬をお届けします「よらん野Web」
  • 採用情報
  • JAグループ 耕そう、大地と地域のみらい。
  • 農業情報システムログイン
  • JAネットバンク
  • 法人JAネットバンク
  • ローン審査申込受付サービス
  • 全農食品オンラインショップ
  • もしもの時の緊急時ガイド
みんなのよい食プロジェクト