新着情報一覧

新着情報一覧

大きな人面ユズが話題に2016.11.15

大きな人面ユズ
大きな人面ユズ

 11月10日、八女市立花町北山の朽網憲さん(59)が管理している樹に人間の顔をした大きなユズが実りました。

 この大きなユズは、中国が原産の鬼ユズという品種。果実は直径2cm以上、重さは1kgくらいになります。果肉は酸味が強く、生食には向かないため、ジャムやマーマレード、ユズ酒などに利用されます。別名で獅子ユズとも呼ばれています。

 朽網さんは、冬至のユズ湯風呂用にこの鬼ユズを栽培していました。

 朽網さんは「鬼ユズは、大きくてボコボコした果実がなる品種だが、よく見たら鼻筋が通ったような人間の顔のようで面白い形だったので、多くの人に見てもらおうJAに持ってきた」と笑顔で話していました。

 この大きな人面ユズは、JAふくおか八女北山支店の女性職員が紙で作った目とほっぺたを貼り付けて飾られ、窓口で来店者を和ませています。

  • おすすめレシピ
  • 家庭菜園
  • netアグリ市況
  • 新規就農者募集
  • 今こそ農業塾!
  • 八女から旬をお届けします「よらん野Web」
  • 採用情報
  • JAグループ 耕そう、大地と地域のみらい。
  • 農業情報システムログイン
  • JAネットバンク
  • 法人JAネットバンク
  • ローン審査申込受付サービス
  • 全農食品オンラインショップ
  • もしもの時の緊急時ガイド
みんなのよい食プロジェクト