新着情報一覧

新着情報一覧

ハウス梨(幸水)出荷スタート2016.06.29

出荷が始まったみずみずしいハウス梨「幸水」
出荷が始まったみずみずしいハウス梨「幸水」

 福岡県産梨の約6割のシェアを誇るJAなし部会で6月27日から、高糖度で酸味が少なくみずみずしさが特徴の加温ハウス梨(品種=幸水)の収穫が始まり、県内の市場への出荷がスタートしました。

 16年産は、生育期間中、天候に恵まれ順調に生育。また、生産者の徹底した日々の管理作業などの努力により、玉太り・糖度・色付きともに良好で、平年並みの高品質な梨に仕上がっています。

 同部会では、生産量を維持するため、土づくりや園地の若返りを図る改殖に力を入れ、品質面でも選果場での光センサーによる厳正な糖度・熟度チェックをクリアした梨のみを出荷するなど、安全・安心でおいしい梨の安定した生産出荷に努めています。また、おいしい八女産梨をPRするため、さらなる消費拡大を目指し、量販店などで試食宣伝等のイベント活動や消費者を園地に招き収穫体験を開くなどの、販促活動を計画しています。

 今後、施設・露地物のほか、「豊水」「新興」「愛宕」「王秋」と12月まで出荷は続き、部会員103人、栽培面積107haに作付し、生産量2603t、販売高9億8151万円を目指します。

 JA担当職員は「近年の異常気象といわれる中、生産者の日々の管理により安定した生産を心掛けている。今年も、1人でも多くの方においしい梨を食べてもらいたい」と話しました。

  • おすすめレシピ
  • 家庭菜園
  • netアグリ市況
  • 新規就農者募集
  • 今こそ農業塾!
  • 八女から旬をお届けします「よらん野Web」
  • 採用情報
  • JAグループ 耕そう、大地と地域のみらい。
  • 農業情報システムログイン
  • JAネットバンク
  • 法人JAネットバンク
  • ローン審査申込受付サービス
  • 全農食品オンラインショップ
  • もしもの時の緊急時ガイド
みんなのよい食プロジェクト