新着情報一覧

新着情報一覧

スモモ「大石早生」出荷開始2016.05.31

高品質に仕上がった「大石早生」
高品質に仕上がった「大石早生」

 JAすもも部会は5月25日、出荷規格や出荷要領などを再確認し有利販売へつなげようと、黒木町のJA黒木選果場でハウス栽培スモモ(品種=大石早生)の目合わせ会を開きました。

 軟らかな果肉と爽やかな甘酸っぱさが特徴のスモモ「大石早生」。平成28年産のハウス栽培の大石早生は、昨年より果実の肥大や色づきが良く、糖度も十分にあり高品質に仕上がっています。

 目合わせ会では、JA担当職員が選別やパック詰めの注意点、変更点などを説明した後、再確認としてラッピングの講習会も行いました。また、GAP(農業生産工程管理)の重要性や提出書類などについても再確認し、安全・安心なスモモを消費者に届けようと意思統一を図りました。

 今後は6月上旬から出荷される露地物をはじめ、6月中下旬から「ソルダム」、6月下旬から「貴陽」、7月下旬から「太陽」と出荷が続きます。井手新次郎部会長を筆頭に部会員61人で生産量175t、販売高1億2,200万円を目指します。出荷は8月下旬まで続きます。

 同部会の三宅浩二施設部長は「いよいよ出荷が始まり各市場からも『大石早生』がほしいと期待されている。しっかりと品質を統一し、外観・味ともに日本一のスモモを出荷していこう」と話していました。

  • おすすめレシピ
  • 家庭菜園
  • netアグリ市況
  • 新規就農者募集
  • 今こそ農業塾!
  • 八女から旬をお届けします「よらん野Web」
  • 採用情報
  • JAグループ 耕そう、大地と地域のみらい。
  • 農業情報システムログイン
  • JAネットバンク
  • 法人JAネットバンク
  • ローン審査申込受付サービス
  • 全農食品オンラインショップ
  • もしもの時の緊急時ガイド
みんなのよい食プロジェクト