新着情報一覧

新着情報一覧

食育活動にミニトマト苗を贈呈2016.04.21

定植した苗に水やりをする園児
定植した苗に水やりをする園児

 JAフレッシュミズは4月20日、子どもたちの食育活動に役立ててもらおうと、JA管内の保育園(所)・幼稚園38カ所に228本のミニトマト苗を贈りました。

 フレッシュミズ活動のPRも兼ねたこの取り組みは、子どもたちに苗の管理や収穫体験を通して、食と農の大切さを感じてもらおうと8年前から取り組んでいます。会員とJA職員がミニトマト苗をプランターに定植し、その後それぞれの地区に分かれ、各施設の子どもたちへ贈呈しました。

 筑後市の筑後保育所では、大野綾部長らが訪問し、定植の仕方について説明した後、園児がミニトマト苗の定植作業に挑戦。プランターに土を入れ、苗を丁寧に定植したり、苗にたっぷりと水を注ぐなど、土と触れ合いながら楽しく作業した。園児は「お友達と協力してトマトを植えました。頑張って育てます」と笑顔を見せていました。

 大野部長は「子どもたちと一緒に定植作業をしたのは今年で2回目。子どもたちは役割分担をして、土入れから定植、水やりと上手にできました。今後もいろんな野菜に関心を持ってもらえるよう、食育活動に取り組んでいきたい」と話しました。

  • おすすめレシピ
  • 家庭菜園
  • netアグリ市況
  • 新規就農者募集
  • 今こそ農業塾!
  • 八女から旬をお届けします「よらん野Web」
  • 採用情報
  • JAグループ 耕そう、大地と地域のみらい。
  • 農業情報システムログイン
  • JAネットバンク
  • 法人JAネットバンク
  • ローン審査申込受付サービス
  • 全農食品オンラインショップ
  • もしもの時の緊急時ガイド
みんなのよい食プロジェクト