新着情報一覧

新着情報一覧

博多駅で小川知事が八女茶PR2015.08.11

来場者に八女茶とガーベラを手渡しPRする小川知事㊨
来場者に八女茶とガーベラを手渡しPRする小川知事㊨

  福岡県が8月10日にJR博多駅前の広場で、日本一の「福岡の八女茶」と福岡県産花きの魅力を伝えようと「真夏の夕涼み八女茶カフェ」を開きました。10日には、福岡県の小川洋知事や県茶生産組合連合会の藏内勇夫会長らが、来場者に八女茶の一煎パックとガーベラを手渡し、八女茶と県産花きをPRしました。

 会場では、「冷たい八女茶はいかがでしょうか!」と生産者らが声を掛けながら水出し煎茶を無料で振る舞い、氷水出し茶の淹れ方を記した用紙も配付。夏場の消費拡大を目指そうと、水出し煎茶等の新しい飲み方の提案、PRに奮闘しました。

 このイベントは、第68回全国茶品評会(平成26年8月)で普通煎茶4㎏、玉露の部ともに最高賞の農林水産大臣賞に輝いた、日本一の「福岡の八女茶」の味や香りを多くの人に知ってもらうとともに、全国でも有数の花き生産量を誇る福岡県の花きをPRしようと開催。福岡県、県茶生産組合連合会、県茶業振興推進協議会、花あふれるふくおか推進協議会の主催で11日まで行います。

 他にも、煎茶、玉露をはじめ、玉露の粉をかけた八女茶かき氷や八女茶を使ったお菓子などの6次化商品の販売、県産花きブーケの販売やフラワーアレンジメントの展示・人気投票などを行いました。

 小川知事は「消費が下がりがちなこの夏場で、八女茶が持っている魅力、おいしさを皆さんに実感していただくため、新しい飲み方として水出し煎茶を紹介したい。おいしさにびっくりされると思う。八女茶と福岡県の花を楽しんでもらい、その魅力、素晴らしさを周りの人にも伝えていただければ幸いだ」と話していました。

あいさつをする藏内会長
あいさつをする藏内会長

水出し煎茶をふるまう生産者
水出し煎茶をふるまう生産者

イベントでは八女茶の煎茶・玉露を販売
イベントでは八女茶の煎茶・玉露を販売

水出し煎茶の試飲を勧める生産者
水出し煎茶の試飲を勧める生産者

 

 

  • おすすめレシピ
  • 家庭菜園
  • netアグリ市況
  • 新規就農者募集
  • 今こそ農業塾!
  • 八女から旬をお届けします「よらん野Web」
  • 採用情報
  • JAグループ 耕そう、大地と地域のみらい。
  • 農業情報システムログイン
  • JAネットバンク
  • 法人JAネットバンク
  • ローン審査申込受付サービス
  • 全農食品オンラインショップ
  • もしもの時の緊急時ガイド
みんなのよい食プロジェクト