新着情報一覧

新着情報一覧

リンドウ、ピーク迎え市長・組合長へ贈呈2015.07.14

リンドウを受け取る三田村市長㊨
リンドウを受け取る三田村市長㊨

 リンドウの出荷ピークを迎え、JA花き部会りんどう部が7月9日、三田村統之八女市長と久保薫JA組合長にリンドウの花束を贈呈しました。

 リンドウを栽培する矢部村の堀下敏彦部長、堀下充さん、原嶋実知雄さんが、リンドウと同じ青紫色のシャツを着て八女市役所とJA本店を訪問。青紫色のリンドウ30本を手渡しました。

 リンドウは、3人の生産者で青紫色のリンドウのみを約90aのほ場で露地栽培しています。青紫色を維持するため濃い色のものから種子を採取し、共同の育苗施設で苗を育成。自然交配で色が混ざることを避けるため、他色の花が咲いた場合、株ごと引き抜くなど徹底しています。

 昼夜の寒暖差があり夏季冷涼な矢部村で栽培するリンドウは、濃く深い青紫色が特徴で市場からも高い評価を得ています。平成27年産も花や葉の色づきが良く、例年通りの高品質な仕上がりです。

 花束を受け取った三田村市長は「ぜひ矢部村の名物になるよう頑張ってほしい。八女地区では多種の花が生産されている。今後もPRに力を入れたい」と話し、また、久保組合長は「露地で栽培できるのは魅力だ。生産者が増えるようにJAとしても支援していきたい」と話していました。

  • おすすめレシピ
  • 家庭菜園
  • netアグリ市況
  • 新規就農者募集
  • 今こそ農業塾!
  • 八女から旬をお届けします「よらん野Web」
  • 採用情報
  • JAグループ 耕そう、大地と地域のみらい。
  • 農業情報システムログイン
  • JAネットバンク
  • 法人JAネットバンク
  • ローン審査申込受付サービス
  • 全農食品オンラインショップ
  • もしもの時の緊急時ガイド
みんなのよい食プロジェクト