事業紹介

かんきつ部会

部会紹介

JAふくおか八女かんきつ部会 部会長 松崎智明JAふくおか八女かんきつ部会
部会長 松崎智明
 平成22年よりJAふくおか八女かんきつ部会は旧3選果場体制を統合しました。
又、新型選果機械を導入して更にパワーアップしました。

 管内のみかん栽培地域は広範囲に及び、標高100m~300mの格差を利用して、7月からの温室みかんに始まり、9月出荷の極早生みかんから3月出荷の貯蔵みかん、3月からの中晩かん続きます。特にみかんの販売期間は6ケ月以上と長い産地をなっています。

  • 新選果場新選果場
  • 新型選果機新型選果機

生産概況

項目 栽培面積
24年
備考
栽培面積 486ha 部会員 443名/平成24年度
園地整備 59ha
温室みかん 1.2ha 平成24年産見込数量 8/1時点
70t
極早生 175ha 3,400t
早生 126ha 3,100t
普通 167ha 3,200t
中晩柑 17ha 200t

集荷期間及び品種特性

商品名 出荷時期 品種特徴
日南の姫 9月10日より 爽やかな香りのグリーンみかんです。 スポーツの秋お勧めの、やや酸味の伴うみかんです。
秋一番 9月15日より
上野 10月5日頃より 10月から販売されるみかんです。 色・味が秋一系よりワンランクアップしたみかんです。
早生 10月25日頃より みかんシーズンの定番みかんです。濃厚な味が特徴の食味良好なみかんです。
いしじ 12月1日頃より 早生みかんと普通みかんの間のみかんです。まろやかな糖度と早生の食感を持つみかんです。
普通種
高糖系
12月15日頃より 「こたつでみかん」とういイメージのみかんです。やや小ぶりで年内の販売を主とする普通みかんと、どっしりと重量感のある年末年始の高糖系みかんです。 特に年明けから3月まで出荷される「蔵出しみかん」はさらに濃厚な味となります。

北山地区基盤整備造成状況

平成9年造成 小倉谷基盤整備
平成9年造成 小倉谷基盤整備

青島温州を中心としたみかん団地
面積:7ha

平成20年造成 小倉谷基盤整備
平成20年造成 小倉谷基盤整備

福岡県優良系統導入みかん団地
面積:7ha

平成21年造成 大倉谷基盤整備
平成21年造成 大倉谷基盤整備

福岡県優良系統導入みかん団地
面積:14ha
点滴かん水・防根シート導入(5.5ha)

点滴かん水・防根シート導入園

点滴かん水・防根シート導入園
安定した品種を生産するために畝下への防根シートと点滴かん水施設を導入しています。

みかん生育の推移

1.みかんの開花期(開花時期:5月上中旬)
  • みかんの開花期(開花時期:5月上中旬)
  • みかんの開花期(開花時期:5月上中旬)
2.みかん生理落果期

5月下旬から6月上旬にかけて、第一次・第ニ次と2回の生理落果期が起こります。

  • みかん生理落果期(満開後 10日以降:第一次落果)
  • みかん生理落果期(満開後 20日以降:第ニ次落果)
3.みかん摘果時期

樹上に残った果実は6月~8月までの間に人力で摘果を行います。

  • みかん摘果時期6月の荒摘果(初期肥大増加対策として行います)
  • みかん摘果時期8月の仕上げ摘果(果皮荒や大玉・傷など外観の悪い果実を摘果します)
4.みかん品質向上期

7月以降は園内を乾燥傾向で管理し品質向上を図ります。

  • みかん品質向上期みかんの品質を上げるために、園内にシートマルチを被覆し、7月行こうの降雨を園内に入れない様にしていきます。
  • みかん品質向上期乾燥により果実表面が滑らかになります。
5.みかん収穫期

当地区では9月以降収穫を開始します。

シートマルチ栽培

シートマルチ栽培
上野・早生・いしじ・高糖系みかん園でシートマルチの被覆を行い、高糖度のみかん生産を目指します。

【商品名】

  • 華たちばな・姫たちばな
  • 博多マイルド
  • 蔵出しみかん
蔵出しみかん

蔵出しみかん紹介
12月に収穫を行った高糖系みかんを各倉庫に
おいて貯蔵を行う事で味の濃いみかんとなります。

3月までのみかんの出荷を行うためには、専用の貯蔵庫において長期貯蔵を行います。

(梅の開花と蔵出しみかん)

  • おすすめレシピ
  • 家庭菜園
  • netアグリ市況
  • 新規就農者募集
  • 今こそ農業塾!
  • 八女から旬をお届けします「よらん野Web」
  • 採用情報
  • JAグループ 耕そう、大地と地域のみらい。
  • 農業情報システムログイン
  • JAネットバンク
  • 法人JAネットバンク
  • ローン審査申込受付サービス
  • 全農食品オンラインショップ
  • もしもの時の緊急時ガイド
みんなのよい食プロジェクト